HOME>イチオシ情報>走行時のタイヤの役割を知って最適なものを選ぼう

走行時のタイヤの役割を知って最適なものを選ぼう

タイヤ交換

地面に設置するタイヤは走行時に重要視する部分

タイヤは、自動車には必要不可欠な部品です。タイヤの選び方によって燃費や走行性能が異なってきます。またさいきんではエコタイヤも登場しています。目的に応じてタイヤ交換をすると良いでしょう。また、定期的に空気圧のチェックは行ないましょう。

整備士

快適な運転を求めるならよくグリップするものを選ぶ

エコタイヤが出始めの頃は、グリップがやや頼りないモデルがありました。安全な場所で急なハンドル操作をしたときに、車の反応が遅かったり、ハンドルを切った量の割りに車が内側に向いていかない覚えがありました。タイヤ自体に十分な溝があり、天気が良いときにしか車を運転されない方でしたら、あまり問題視する必要はありませんが、雨天時に高速道路を走る機会がある方でしたら、グリップ性能の高いタイヤを購入されることをおすすめします。走行時の安心感が変わってきます。また、溝の深さは定期的にチェックする必要があるでしょう。そして空気圧のチェックは1ヶ月に1回は行いたいところです。特に8月から11月にかけては気温が下がっていくタイミングで、内圧が下がり、実際に抜けてしまう量よりも空気圧が下がります。ガソリンスタンドなどでのこまめなチェックが必要です。