HOME>イチオシ情報>様々な技術が使われている【雨の日も安心できる技術】

様々な技術が使われている【雨の日も安心できる技術】

タイヤ

ハイドロプレーニング現象を防ぐ技術

雨天時に車を運転すると起こりやすいのが、ハイドロプレーニング現象と呼ばれるものです。濡れた路面を走行した時にタイヤとの間に水の膜ができるこの現象は、グリップを失うためコントロールするが非常に難しくなります。高速で走行しているとこの現象が起こりやすく、大きな事故にもつながりかねません。事故を防ぐには、タイヤの表面に彫られた溝の深さを定期的に点検することや、雨天時には速度を抑えるといった対策が有効です。それに加えておすすめなのが、ハイドロプレーニング現象に強いタイヤを選ぶことです。例えばあるメーカーの製品では、溝の形状やパターンを変えることで排水をしやすくして現象の発生を抑えています。こうした対策がなされた製品を選べば雨天時の安全を確保できます。

女性

技術の進歩によって雪の日も安全に運転できる

気温が一気に低くなる冬場は、積雪や路面の凍結などが起こりやすく、ドライブ中の事故が増える時期です。スリップ事故を防ぐには急加速や急ブレーキをしないのが鉄則ですが、注意を払っていても思わぬ動きにコントロールを失ってしまうかもしれません。これらの冬期ドライブの事故から身を守るには、雪の日でも安全に走行できるタイヤを使うのが有効です。雪の日と言えば以前はスパイクタイヤが使われていました。しかし今はさらに技術が進化し、スパイクのないスタッドレスタイヤが主流になっています。これはスパイクがない代わりにゴムの素材に工夫がされており、凍結した路面でもグリップを保てるのが特徴です。溶けてできた水を吸い込む性質も備わっており、滑りやすい状況でも安心して走行できます。